店主たみこの食べたおし的食日記

吉野家 牛丼

2019年01月18日

吉野家 牛丼

 

この日は健康診断。
胃カメラ飲まされて。

 

おえーー!!!
おえーー!!!

 

臨死体験一歩手前とその先を思う存分往復し。

意識朦朧となりながら。

逃げるように病院を出る。

 

ふうぅぅぅぅ・・・・・。

 

このフラストレーション!
食って晴らしてやるーーー!!!!

 

と思うも、胃カメラ飲んだ当日は胃に優しい「消化の良いもの」「刺激のないもの」を食えとの指示。
こんな時こそガッツー!と食べたいけど、医師の指示には逆らえない。
じゃあなか卯でうどんでも食うかな?と一瞬考えたけど、どーーーにもなか卯な気分にならない。

 

消化の良いもの?刺激のないもの?うどん以外で?と考え。
ピーンとひらめいたのが、吉野家!
よし、今日は牛丼に決定!!(※注:牛丼が消化に良いかは謎)

 

って感じでやってきました、吉野家。
メニューは当然牛丼、当然大盛。
胃カメラで痛めつけられた胃を修復すべく。(※注:胃が修復されるかは謎)
食べたおします。

 

牛丼の牛肉

 

お肉はやんわり。
みずみずしくうま味たっぷり。
脂はぷるんと滑りよく。
甘い味わいがとろんと喉を濡らす。

 

やっぱいいですわ、吉野家の肉。
ここの肉って本当にブレない。
この味を食いに来たんだ~って気分を心から納得させてくれる安定の味。
甘み、うま味、食感、粘り。
どれも抜群のパフォーマンス。

 

さすが!吉野家!

 

牛丼の牛肉とごはん

 

そのお肉をごはんと一緒に。

 

ごはんはしとしと。
一粒一粒がみずみずしく、しっとりと伸び。
そこにたっぷりと降りかかった生卵。
とろとろの甘みがごはんに絡んで絡んで。

 

その甘いごはんにどん!と乗っかるやわやわお肉。
豊潤なうま味がどばどばと湧き上がり。
しみ出す肉の味!
そしてタレの甘み!
ごはん+生卵+肉+タレ、それぞれの味が互いに融合し合い。
噛めば噛むほど味が重なって重なって。
ずんずん美味しさのボリュームを増していく。

 

吉野家 みそ汁

 

とん汁。

 

具は長ネギ、玉ネギ、大根、ニンジン、レンコン、豆腐、そして豚肉。
とにかく具だくさんで。
「食べてる感」満点!

 

粒ひとつひとつは柔らかく、しかもしっかりと汁を吸ってて。
じゅく・・と湧き出す味噌の味がタマンナイ!

 

その味噌の濃度はやや濃いめ。
スパイシーな油がぴりっとアクセントになってて。
たっぷり具材と溶け合いながら、味の豊かさを大きく広げる。



完食。



吉野家の牛丼。
生まれて今までに一体何杯食べたか分からないけど。
やっぱこの味最高だわ♪

 

これで傷ついた胃も。
治った!

 

・・・はず!?(※注:胃が修復されたかは謎)



ごちそうさま。





 

[参考]

 

・牛丼(大盛):550円
・玉子:60円
・とん汁:190円

 




伝説のすた丼屋 ダイナミックすたみなトンテキ丼

2019年01月11日

伝説のすた丼屋 ダイナミックすたみなトンテキ丼

 

休みの日、さーてお昼でも食いに行くべと外へ出る。
何にしようか?
何にしようか?
考え、考え、考え、考え・・・あれ?
気付いたら。

 

目の前に伝説のすた丼屋がーーーっ!!!!
これはガッツリ食えという神のお導きでしょうか???

 

まあ。

 

確信犯ですが(笑)。

 

入口でメニューをチェック。
限定イロイロやってますねー。
んーーーーー全部食べたい・・。

 

散々迷いに迷った末、決めたのが”ダイナミックすたみなトンテキ丼”。
当然サイズは”飯増し”にして。
肉+米、野獣のように食べたおします!

 

ダイナミックすたみなトンテキ丼の肉

 

肉は面積大、厚みやや薄。

 

薄いんだけどね、こんだけ面積あるんで、かぶりつくと結構迫力あるんですわ。
がっしり噛み応えがあって。
肉の味もしっかり出てきて。
果てしなくビッグ&ボリューミー!

 

そして濃いぃ~~タレ。
片栗粉ですかね、トロみがつけてあって、ものすごくネトついて。
醤油の味がぎゅーーーーっと凝縮。
こいつがトロトロに絡むもんだから、肉の味が太る!太る!
重くて旨くて甘くて辛くて。
湧き返る味で口の中がべっとべと!

 

ダイナミックすたみなトンテキ丼の具とごはん

 

このヘビーお肉をごはんに巻いて食べる。

 

肉の下に隠れてるので分かりにくいですが、このごはんめちゃめちゃタレがぶっかけてありまして。
真っ黒!
おかげで味の重いこと!重いこと!
でも噛み進む内にちょびっとずつお米の甘みもしみ出してきて。
甘さと辛さが大融合!

 

で、お肉ですわ。
でっかくて濃いぃ~お肉がこの甘辛ごはんの上にずんと乗っかる。
プラスたっぷりもやし。
ざくざくと砕けながら、水分で味の流動感をぐんと高める。

 

いやいやいやいや充実感ハンパないですわ。
悪魔のジャンクです♪

 

伝説のすた丼屋 みそ汁

 

みそ汁。

 

味噌の濃度は中庸。
香ばしい風味がふんわ~と鼻を抜ける。

 

具は少量のわかめ。
つるつるぬるんと舌を滑り、淡い磯の香りをほんのり漂わせる。



あとはガツガツガツガツ頬張る、頬張る、ひたすら頬張り続ける。

 

美味いわ♪
美味いわ♪
食えば食うほど美味いわ♪

 

このねとねと感。

オイリーでパワフルな豚肉。
開き直ったかのような鬼ジャンク。
問答無用のぐっちゃぐちゃな味の大洪水に涙が止まらないーーー♪♪



完食。



伝説のすた丼屋の”ダイナミックすたみなトンテキ丼”。
相変わらずのバイオレンスな味わいでした。

 

この店はこれでいいですわ。
もしここが上品なメニューを出すようになったら。
多分二度と来ないね(笑)。



ごちそうさま。





 

[参考]
・ダイナミックすたみなトンテキ丼:880円
・飯増し:110円

 




はなまるうどん 豚バラ白菜あんかけ

2019年01月04日

はなまるうどん 豚バラ白菜あんかけ

 

小雪がチラつき。
寒い寒ぅ~い日。

 

ああ、あったかいものが食べたい。
うどんが食べたい。
あっちっちのうどんが食べたいーーーー!!!

 

と逃げるように、はなまるうどんへ。

 

どーれ限定は何やってんの?とチェック。
”豚バラ白菜あんかけ”、お、よさ気じゃん。
では本日はこれを、サイズ当然大にして。
食べたおします。

 

豚バラ白菜あんかけのおつゆ

 

おつゆは半濁の薄茶色。
あんかけだけどそれ程ぬるぬるでもなく、ややトロみがあるな、程度。

 

味わい薄め。
出汁の味がじっとりしみ出す、優しい風合い。

 

このくらいがいいわね、うどんのおつゆってのは。
わたしゃおやじの身体の関係で、子供の頃から減塩メシばっか食べてきたので。
未だに塩のキツイ食べ物って苦手なんですわ。
うどんでもそばでもそうだけど、やたら醤油ギンギンのしょっぱいおつゆで出すお店あるけど。
わたし的にはあれは完全にアウト。
このくらいのソフトな加減がちょうどいいですわ。

 

はなまるうどんの麺

 

麺は極太。
質感もっちもち。

 

この歯応え、タマランですな♪
むち~と伸びて、柔らか~に歯を吸い込んで。
噛めば噛むほど粘りを増して。

 

うどんの麺てのは、これまた難しく。
硬過ぎると噛んでてしつこいし、やわ過ぎると頼りないし。
わたしの場合はどっちかと言うと、やわ寄り。
ちょっと柔らかめくらいがちょうどいい。
それが丁度この感じ。
もちもち粘り、むっちり噛み込めるこの感触が大好き!

 

豚バラ白菜あんかけの具材

 

豚バラ&白菜。

 

豚バラは切り方小さめ、厚みぺらぺら。
食感・味のインパクトともにやや肉としての迫力に欠ける感じ。
このままだとちょっと物足りないので、つゆにべちゃりと浸し汁をしみ込ませてから食べる。

ん~~若干改善。

 

白菜もカット小さめ。
でもザクザクとした歯応えはしっかり楽しめ、葉もの特有のツーンとした辛みもあって。
さっぱりとした水気が味の伸びをぐんと良くする。

 

ただいずれも量少なめで、正直消化不良。
多分同じメニューでも、丸亀だったらきっともっとどっさり盛るだろうな。
もう少しボリュームが欲しい。



完食。



はなまるうどんの”豚バラ白菜あんかけ”。
あんかけ熱々おつゆで体がぽかぽか温まる。
寒い時期にぴったりのうどんでした。

 

早く春来ないかな~~~。(←寒いの超苦手)



ごちそうさま。





 

[参考]
・豚バラ白菜あんかけ(大):730円

 




CoCo壱番屋 ローストチキンスープカレー

2018年12月28日

 

この日はクリスマス。
どーれケンタッキーでも行ってチキン食うか、と店を覗いたら、あ、行列!

 

はい終了~~~。(←並ぶの大嫌い)

 

んではドコ行くべさ?と思い、しばらく沈考(3秒)、よし決定、ココイチへ!

 

みたいな流れでCoCo壱番屋。
テーブルに座ってメニュー表とにらめっこし、今日は何にするか考え考え。
”ローストチキンスープカレー”に決定!

 

ではケンタ改めココイチで。
期間限定のローストチキンスープカレー、ライス大盛りにして。
食べたおします。

 

ローストチキンスープカレーのルー

 

ローストチキンスープカレー。
まずはスープから。

 

液感シャバシャバ。
トロみほぼ皆無の水状。

 

アタックはほんのりマイルドながら、中盤からビシッと切れ込んでくるスパイス。
唐辛子の攻撃的な刺激がチリチリと舌を焼く。
その裏にひっそりと香草のニュアンスもあり。
ライトだけど風味あふれる豊かな味わい。

 

CoCo壱番屋 ローストチキンスープカレーをライスと一緒に

 

そのカレースープをライスと一緒に。

 

ライスはやや水分少なめ、でも柔ら~か。
ねっとり粘り、さっぱりした甘みをしみ出す。

 

そこにさっと絡むカレースープ。
シャバシャバの液体にお米ひと粒ひと粒がぱらぱらと流れ。
甘みとスパイスがしっとり溶け合う。
噛めば噛むほどさらに融合感を増し。
後味にじんわりとした刺激を残す。

 

CoCo壱番屋のローストチキン

 

ローストチキン。
ごろんと4個。

 

粒が大きいのですわ。
しかも柔らか~くて。
中までむにんむにん。

 

肉汁豊富。
噛み潰すとぶちゃっと破れて、豊潤なうま味をどばどばと湧き出す。
そこにロースト香が重なって。
ふうぅぅぅ~~~と鼻を抜けていくスモーキーな香味がタマラナイ!



最後はばくばく食べ尽くす。

 

野菜多いね!
キャベツ、じゃがいも、なすび、ニンジン、オクラ。
ひとつひとつが柔らかくて甘くて。
充実感満点!!



完食。



ココイチの”ローストチキンスープカレー”。
具だくさんで、程良く刺激があり。
ボリュームもあって。
しかも体が内からぽかぽか温まる。
冬にぴったりのメニューでした。



ごちそうさま。





 

[参考]
・ローストチキンスープカレー:948円
・ライス大盛り:103円

 




すき家 お好み牛玉丼

2018年12月21日

すき家 お好み牛玉丼

 

今日はお休み。
だけど晩飯がない。
と言う事は。
食いに行かねばーーー!!!

 

と言う事ですき家へ。

 

恒例の限定メニューチェック。
ん?なになに?”お好み牛玉丼”???
なにそれ?
牛丼だけどお好み焼き?
オタフクソース使用??

 

んーーーー・・・・。
キワモノ臭むんむんだ(笑)。

 

よし決定、本日はこの”お好み牛玉丼”を大盛りで。
寒ーーーいのでとん汁も付けて。
食べたおします。

 

お好み牛玉丼の牛肉

 

お好み牛玉丼。
まずはお肉から。

 

肉質やわやわ。
肉のうま味がじゅっと湧き出し、脂の甘みがとろりと滴る。

 

その上にどろりと降りかかったオタフクソース。
濃厚な甘辛さが肉の味をどっぽりと覆い尽くし。
さらにねろんねろんのマヨネーズ。
油まみれの甘みで肉をねっちょ~りと包み。
肉+オタフクソース+マヨネーズのトリプルパワーで、もー味ぐちゃぐちゃ。

 

ん~~~カオス♪♪

 

お好み牛玉丼のごはんと具材

 

そのカオス牛肉をごはんと一緒に頬張る。

 

ごはんはしっとり。
みずみずしい甘みがさっと流れ出す。
と同時に、たっぷりと染みた牛肉のタレが味のボディをぐんと太らせ。
ごはんの甘みに牛肉のうま味が重なる。

 

ここに絡んでくるオタフクソースとマヨネーズでべっちょべちょの牛肉。
最初オタフクソースのインパクトが強いけど。
その内どれがどれか分からんようになってきて。
さらにキャベツのザクザク食感も混ざって来て。
牛丼でもあり、お好み焼きでもあり、未だこの地球上に存在しない謎の食べ物でもあり。
なんて言うかもー。
新味(笑)。

 

すき家 とん汁

 

とん汁。

 

汁は味噌弱め。
でもその分油の甘みと唐辛子の辛みがピリリと良く効いてて。

 

その中にぶち込まれたたっぷり具材。
大根、ニンジン、長ネギ、里芋、こんにゃく、そして豚バラ肉。
大根がちょっと歯応え強過ぎかなという感じですが、どれもしっかり味わいがあって、汁がよく染み込んでて。
噛むたびにじょばっじょばっとうま味を湧き出す。
味も量もボリューム満点!



最後は牛丼ととん汁を交互に口に入れながら楽しみ、楽しみ。
完食。



すき家の”お好み牛玉丼”。
ジャンク感満点の。
デタラメな美味しさでした。

 

正直、牛丼なのかお好み焼きなのかどっちだよ?って印象はぬぐえませんが。
その煮え切らなさが。
逆にワンダーランド。(←意味不明)



ごちそうさま。





 

[参考]
・お好み牛玉丼(大盛):630円
・とん汁:190円

 




 

手羽先餃子ミックス30本

 

君乃家食堂の豚丼

 

亀山社中 焼肉

 

備蓄水 甲州の5年保存水

 

 

 

 

 

 

 

 

Twitter