店主たみこの食べたおし的食日記

Joyfull ジョイフルWチーズバーガー

2019年04月19日

Joyfull ジョイフルWチーズバーガー

 

この日はなんとなくJoyfull気分。
よし、久しぶりに行ってみっかー!と行ってきました。

 

お店の前には限定メニューの告知。

 

『とびきりのひとくち!ハンバーガーフェア』

 

お、いいじゃないの、ハンバーガー♪
大好物です。

 

店に入って詳しくチェック。
ハンバーガーは3種類、”ジョイフルバーガー”、”ジョイフルチーズバーガー”、”ジョイフルWチーズバーガー”。
どうもご自慢は一番グレードの高い(もちろん値段も)Wチーズバーガーらしく。
高さ12センチなんだとか。

 

いやいやいや、ないでしょ12センチ。
大体こういうのって大げさに書いちゃうんだから。
でも実際12センチあるかないかは頼まな分からんし、よしイっちゃろやないかいWチーズバーガー、と張り切ってオーダー。
どうせなら定規持ってくりゃ良かった、などと意地の悪いことを考えてる内にバーガーさん登場。
目の前にででん!と置かれる。



・・・・・・・(絶句)。



あるわ12センチ。
測らんでも分かる(汗)。

 

そんなJoyfull渾身のビッグバーガー。
「12センチなんてウソついちゃダメよ疑惑」をあっさり払拭したリアル12センチを。
ばっくん!もぐもぐ、食べたおします。

 

ジョイフルWチーズバーガー

 

ジョイフルWチーズバーガー。

 

いや、食えんて、デカすぎて。
どっから食ったらええねん?(笑)

 

とかツッコミ入れつつ、とにかくかぶりつく。

 

すげーーーーですわ、肉。
もーもーもー大ボリューム!
口中肉の味でじゅっわじゅわ!
香ばしい肉の味がこれでもかと沸き返る。

 

肉汁がすごいわね。
ほろほろのお肉からどろどろととめどなく流れ出して。
強烈なうま味がメガトン級のド迫力で迫り来る。

 

このじゅわじゅわ肉が2枚ですよ!
1枚でも強烈なのに2枚ですよ!
インパクトがハンパなくハンパないっスわ。

 

さらにそのモンスター肉×2を挟むバンズ。
肉の味をスポンジのように吸い取って。
うま味でぱんぱんに満たして。
そこにさらに小麦の甘みを溶かし込んで。
どばっ!と再放出。
こぼれ落ちるほどに膨れ上がる味!味!味!超ぉぉ~味!

 

スゴすぎて笑い止まりませんわ(笑)。

 

Joyfull ポテトフライ

 

ポテトフライ。

 

外皮は薄く、サクサク。
内身はほくほく。
噛み込むほどにじゃがいもの味がふっくらと湧き立ち。
滋味豊かな味を広げる。

 

やがてとろとろと溶け、次第にクリーミーな質感へと変化。
さらにしっとりと甘みを増し。
最後は滑らかに液化していく。



量が素晴らしいわね。
こんだけたっぷり盛ってたったの106円。
食い応え満点。
これはパフォーマンス高いですわ♪

 

ペプシコーラ

 

Joyfull来ても飲み物はやっぱりコーラ。
だってわたしはコーラ人だから。(←意味不明)

 

いつもと違ってストローのないコップスタイル。
ダイレクトに口の中にざばばーと流し入れる。

 

ざっと洗い流されるバーガーの肉汁、そして脂。
なにしろ口中強烈な肉味でどばどばですからね。
これらすべてをコーラで大洗浄。
酸味と甘み、そして冷涼感でスキっときれいにリセットする。

 

この次のひと口がまた美味いのですわ♪
軽いコーラの後に頬張るバーガーの重い肉の味。
極端なまでのアップダウンが、さらに味のパワーを強調して。
美味い♪美味い♪何度頬張ってもフレッシュに美味い♪



ばっくんばっくん食べまくって。
野獣のように食べまくって。
食べて食べて食べまくって。

 

完食。



Joyfullの”ジョイフルWチーズバーガー”。
表記に全くウソのない。
というかこちらの予想をさらに上回る。
暴虐レベルの大爆撃バーガーでした。

 

マックもいいけど、モスもいいけど。
バーガー好きを自認するなら。
これは必食ですよ~~♪♪



ごちそうさま。





 

[参考]
・ジョイフルWチーズバーガー(オニオンリング・ドリンクバー付):1,078円
・ポテトフライ(セット):106円

 




大阪王将 ムーシーロー

2019年04月12日

大阪王将 ムーシーロー

 

仕事が終わってさーごはん食うべと、大阪王将へ。
カウンターに座ってメニュー表をじろじろ。
また期間限定でも狙おうかと思ったけど、それらしき案内がないので定番の中からチョイス。
あれもいい。
これもいい。
と散々迷った末選んだのが、”ムーシーロー”。

 

ムーシーローって知ってます?
わたしは知りませんでした。

 

ちょっとググってみると、ムーシーローとは山東料理のひとつで「きくらげと豚肉の卵炒め」のことだそうです。
なるほど、確かにそんな見た目。
漢字で書くと「木須肉」、お店によっては「ムースーロー」と表記しているところもあるんだとか。

 

よし、覚えたぞムーシーロー。
あとは食うだけだ!
って言うか、さっさと食いたい(笑)。

 

では早速謎な食べ物ムーシーロー。
ごはんのセットを付けて食べたおします。

 

ムーシーロー

 

疑惑のムーシーロー。
ばくっ!と頬張る。

 

きくらげは大振りのものがたっぷり。
ぷるぷるっと柔らかく、噛むとじゅっと汁がにじみ出す。

 

チンゲンサイは触感ざっくざく。
葉野菜の繊維感をしっかりと残した元気な歯応え。

 

豚肉はやや小切り、だけど量は結構入ってて。
脂の甘みと共に濃厚なうま味をどばりと湧き出す。
じんわり後引く力強い美味しさ。

 

そしてどっさり卵。
これがもー味わい強烈で。
ひとつひとつがつゆをしっかり吸ってて、口に含むたびに大量の味がどどっと流れ出す。
そこに卵自体の甘みも重なって。
印象的には卵がこの皿の中で一番の主役。

 

ムーシーローとごはん

 

そのムーシーローを白いごはんと一緒に。

 

ごはんはややパラめ。
ほろほろと崩れ、ぎゅっと締まった食感の中にほのかな甘み。
水分が少ない分、味の流れはチョイ弱め。

 

すかさずムーシーローをぱくりと口に放り込む。

 

ざっとあふれ返る味。
ムーシーローが含む大量のつゆが口の中をみずみずしく湿らし、味の流れを一気に加速させる。
豚肉のうま味、つゆのほのかな辛さ、卵の甘み。
そこにごはんの味わいが溶け込み、味が味を呼びさらに味を膨らませる。
頬張れば頬張るほどに増していく美味しさの渦。

 

ムーシーロー単体も美味いけど。
ごはんと一緒に食べるとさらに美味いわ~♪

 

大阪王将 中華スープ

 

中華スープ。

 

ツンと鼻をつくスパイス香。
鋭利な香味がシャープに鼻を撫でる。

 

そしてじっとりしみ入るようなうま味。
ほんのり甘く、辛く。
さらに油のねっとりとした甘みが絡みつき。
後味はすっと切れるように消えていく。



完食。



大阪王将のムーシーロー。
名前は変(←?)だけど、美味しさは抜群。
無駄なべたべた感のないさっぱりとした食味で、だけど味の充実感はしっかりと楽しめる、食べ応え満点の一皿でした。

 

ムーシーロー。

 

これは要チェックです!



ごちそうさま。





 

[参考]
・ムーシーロー:560円
・ごはんセット:260円
・ごはん大盛り:無料

 




かつや スタミナ炒めとチキンカツ丼

2019年04月05日

かつや スタミナ炒めとチキンカツ丼

 

お腹がすいてふ~らふら。
さ~今日は何食べよ~~???

 

と、放浪。

 

ふと目に入る看板。

 

 

 

 

はい、決定。
本日はかつや。
肉ーーーーーッッッ!!!
が、呼んでいるのであります。(←謎)

 

オーダーは期間限定の”スタミナ炒めとチキンカツ丼”。
当然大盛。
この日は寒かったのでとん汁も付けて。

 

たべたおします。

 

スタミナ炒めとチキンカツ丼の具

 

衣はパリパリサクサク。
粗めの粒が小気味よく砕ける。

 

中の鶏肉はしっとりジューシー。
香ばしい肉汁がじゅわりとしたたり、濃密なうま味を舌に乗せる。
肉質ぷるりと柔らかく。
噛むごとに豊かに跳ねる。

 

その隣にはたっぷり野菜。
もやし9:キャベツ1、あと豚バラ肉が少々。

 

食感ざっくざく。
繊維感を残した元気な歯応え。
みずみずしく澄んだ味わいがざっと流れ出す。

 

一方味付けは薄めで。
良くも悪くも野菜の味がストレート。
もやし特有の臭みなんかもあり。
さらにニンニクが弱く。

なんとも締りのない、隙間だらけの味。

 

スタミナ炒めとチキンカツ丼のごはんと具

 

たっぷり具材をごはんと一緒に頬張る。

 

お米はしっとりつややか。
ひと粒ひと粒がきれいに立ってて、粘り豊か。
爽やかな甘みをぱっと広げる。

 

チキンカツとの調和はいいですね。
豊潤な肉のうま味がごはんの味にさっと溶け込んで。
ボリューム満点の美味しさで口の中を満たす。

 

野菜炒めの方は、やっぱりパンチがもうひとつ。
味付けが薄すぎるのよね。
ごはんと一緒に食べるとさらに味が間延びして、どうにも頼りない。

 

かつやのとん汁

 

とん汁。

 

味噌の濃度はチョイ濃いめ。
重い味がぐんと迫る。
液温程よ~く熱く。
ひとすすりひとすすり、ほんわかと胃を温める。

 

具材たっぷり。
大根、ニンジン、玉ネギ、さつまいも、長ネギ、コンニャク、そして豚肉。
具材ひとつひとつが柔らか~く、汁をしっかり吸ってて。
じょばじょばと味が沸き返る。
もー「食べてる感」満点!!



完食。



かつやの期間限定メニュー”スタミナ炒めとチキンカツ丼”。
ちょっと期待してた水準ではなかったかな、と。

 

まず肉が少ないですわな。
かつやらしい、お肉どーん!な攻め気な盛り付けが欲しかった。

 

そして何度も言ってる通り、野菜の味付けが弱い。
もっと醤油をきりっと効かせて、ハリを強く出して欲しい。

 

さらにニンニク。
使うなら使うで開き直ったようにガンガンに使った方が絶対にいい。
食後に残る臭いを気にしてか、どこか腰が引けてて退屈。
全然吹っ切れてない。
「スタミナ丼」なんて臭くてナンボなのです。

 

みたいな印象を強く感じたのですが。
どうですかね?

 

まあ大食い&ジャンキーのわたし的感覚は、ちょっと普通の人(←?)とはズレてるかもしれないけど。



ごちそうさま。





 

[参考]
・スタミナ炒めとチキンカツ丼:637円
・ご飯大盛り:129円
・とん汁(大):172円

 




ケンタッキーフライドチキン ローストチキンサンド

2019年03月29日

ケンタッキーフライドチキン ローストチキンサンド

 

コケコッコーと鳴きながらケンタッキーへ。

 

クリスマス以来ですな。
あの時は行列が鬼で、食べずに0秒Uターンしましたが(笑)。

 

その後次来よう次来ようと思いつつ、スルー。
まあ浮気性なんで。
アッチにもコッチにも気が行くんですわ。
女性には一途ですが。(←?)

 

そして本日ようやく訪問。
さー何食うべ?とメニューを物色。

 

お?ロースチキンサンド?
そんなのやってんの?
よし決定、今回はこいつを。
セットのポテトとコーラを付けて。
食べたおします。

 

ローストチキンサンド

 

ローストチキンサンド。

 

チキン極厚。
測ってないけど大体2cm弱。
こいつにがぶっ!とかぶりつく。
おーすごいわ噛み心地。
わっしーーっと歯を吸い込む。
むっしりむっしり豪快な食感。

 

ロースト肉だからか、身はぎゅっと締まってて。
凝縮感満点。
詰まったチキンのうま味がどばん!と爆発する。
噛めば噛むほど増していく重い肉の味!

 

パリパリレタスもいいですね。
フレッシュな味わいが強い肉の味をすがすがしく洗い上げる。

 

カーネリングポテト

 

カーネリングポテト。

 

外皮はカリカリ、内身はほくほく。
スパイスがバリッと効いてて、ミネラリーで。
地味満点の味わいが湧き上がる。

 

質感はややぱっさり。
いつもはもっとしっとりしてるのですが、今日のはちょっと乾いた感じ。
ブレですかね?

甘みも気持ち弱め。

 

ケンタッキーフライドチキン コーラ

 

ドリンクは今回もコーラ。

 

しゅわしゅわしゅわ~っと湧き上がる泡。
喉で弾ける感触が爽快に気持ち良くて。

 

そのまますーっと落ちていく冷感。
ヒンヤリ感覚が震えるほど心地よく。
澄んだ甘みがすーっと後を抜ける。



完食。



ケンタッキーフライドチキンの”ローストチキンサンド”。
チキンのビッグボリューム、そして凝縮した味わい。
食べ応え満点でした。

 

ただ。
もーちょっとマヨネーズ盛って欲しかった。

 

ローストチキンなので味わいが詰まってる反面、肉汁に乏しく。
どうしてもジューシー感に欠けるのですわ。
ここに辛子マヨネーズがどぼりとぶっかかってれば、もっと味の流れが良くなるし迫力も出る。
なのにちょび~~っとしか入ってなくて、どーにも消化不良。

 

マヨネーズもっともっとどっぽり~の方が。

絶対美味いと思うんだけどな~。



ごちそうさま。





 

[参考]
・ローストチキンサンド:420円
・セット(ポテトS・ドリンクM):300円

 




吉野家 牛丼超特盛

2019年03月22日

吉野家 牛丼超特盛

 

先日インターネットで遊んでると。
あるツイッターの投稿が目に入る。
ん?なに?
”牛丼超特盛”?
超???
「特盛」超えて「超特盛」??

 

こ、これは!
食べねばーー!!!

 

ってことでやって来ました吉野家。
わたしはいつでも腹ペコ青虫なのです。(←謎)

 

オーダーは当然”牛丼超特盛”。
みそ汁と玉子はスマートニュースのクーポン使用でちゃっかり無料にして。
食べたおします。

 

牛丼超特盛の牛肉

 

牛丼超特盛。

 

お肉はしんなり、脂はぷるぷる。
この日はいつもに比べてややパサつきがあったものの、味わいは豊潤。
肉のうま味がじんわりと湧き出す。

 

おつゆのしみ具合もいいですね。
肉の味をふんわり持ち上げて。
ゆったり溶け出す甘みが、味わいの充実感をさらに高める。

 

牛丼超特盛の牛肉とごはん

 

そのお肉をごはんといっしょに。

 

つゆだくオーダーのごはんはしっとりすべすべ。
お米の甘みとおつゆの味わいが溶け合い、みずみずしい美味しさを広げる。

 

そこにどんと乗っかるお肉の味。
牛肉のうま味が味のボリュームをぐんと膨らませ。
ひと噛みごとにずんずんと厚みと重みを増していく。

 

玉子のインパクトも抜群。
濃密な甘みがとろ~りと絡んで。
牛肉の重厚な味を滑らかに包み込む。

 

吉野家のみそ汁

 

みそ汁。

 

味噌の濃度はやや薄。
白味噌の柔らかな風味がぱっと広がる。
滋味豊かな発酵味。

 

具は少量のワカメとネギ。
ワカメは歯応えコリコリとハード、後味に潮の香りをふんわりと残す。



ガツガツガツっと食べて食べて食べまくって。
もんぐもんぐ頬張って。
食べて食べて。

 

いっやさすが「超特盛」ですわ。
食べても食べてもなくならない。
ひたすら食べ続けられる、この幸せ♪



完食。



吉野家の”牛丼超特盛”。
大食い族にも大満足の一杯でした。

 

やっぱ吉野家の牛丼は美味ぇ~や♪



ごちそうさま。





 

[参考]
・牛丼超特盛:780円
・みそ汁:60円
・玉子:60円

 




 

手羽先餃子ミックス30本

 

君乃家食堂の豚丼

 

亀山社中 焼肉

 

備蓄水 甲州の5年保存水

 

 

 

 

 

 

 

 

Twitter